U-NEXTブログ

『ボヘミアン・ラプソディ』がU-NEXTの「洋画歴代1位(初週1週間の購入数)」を更新!若年層から支持され貫禄のスタート!

2019年4月17日(水)より配信開始した『ボヘミアン・ラプソディ』が、2018年8月の『デッドプール2』を上回り、約8ヶ月ぶりにU-NEXTの「洋画歴代1位(初週1週間の購入数)」を更新しました。

20代以下が42%。配信でも若年層の圧倒的支持を獲得


興行収入128.5億円、日本映画歴代興行収入ランキング第17位(興行通信社調べ)に食い込んだ『ボヘミアン・ラプソディ』は、4月17日(水)0時から配信され、『デッドプール2』の記録を上回ってU-NEXTの「洋画歴代1位(初週1週間の購入数)」を更新しました。

劇場公開時には、クイーンの活躍を目の当たりにしていたリアルタイム層のみならず、若年層にも支持され話題を集めましたが、U-NEXTでも、購入者の42%が20代以下という驚異的な結果に。「感動する」「音楽が最高」といった口コミに動かされ、配信開始を待ってご覧いただいたようです。

U-NEXTでは配信開始に合わせ、主演のラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)のインタビュー記事をアップするほか、クイーンのライブ映像やドキュメンタリーを一堂に会した特集ページをアップしました。U-NEXTの新記録を樹立した『ボヘミアン・ラプソディ』をさらに楽しむために、ぜひご覧ください。


『ボヘミアン・ラプソディ』
432円(税込)/視聴期間2日間

<STORY>
伝説のバンド“クイーン”の栄光と知られざる苦闘の物語を、リード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの愛と孤独を軸に描き出した感動の音楽伝記映画。複雑な生い立ちや容姿へのコンプレックスを抱えた孤独な若者フレディ・マーキュリーは、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーたちと出会い、バンド“クイーン”を結成する。互いに刺激し合いながら音楽的才能を開花させ、常識にとらわれない革新的な名曲を次々に生み出していくクイーンはついに、ロックとオペラを融合させた型破りな楽曲『ボヘミアン・ラプソディ』を完成。しかし6分という異例の長さに、ラジオでかけられないとレコード会社の猛反発を受け…。

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.