ニュースリリース

ショーケンの“50周年記念ライブ”を独占配信。幻のレコーディング映像 とともに12月27日(金)よりU-NEXTにて初解禁!

U-NEXTは12月27日(金)より、ショーケンこと萩原健一さんの歌手活動50周年を記念して行ったライブ『50TH ANNIVERSARY PREMIUM LIVE LAST DANCE 2017』を独占配信いたします。またあわせて、幻のレコーディングを収録した秘蔵映像『萩原健一「Making of LAST DANCE」』を初解禁いたします。

ショーケンの歌声は、彼の生き様そのもの

2019年3月26日、68歳にして亡くなったショーケンこと萩原健一さん。
生涯アウトローを貫き人生を駆け抜けたショーケンは、刑事ドラマの金字塔『太陽にほえろ!』のマカロニ刑事役で一躍人気になり、主演した『傷だらけの天使』『前略おふくろ様』など数々のドラマや映画で唯一無二の個性を発揮してきました。
近年は役者としての人気・知名度が高かったものの、もともとは1967年にグループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして芸能界デビュー。甘い歌声で一世を風靡しました。
音楽活動休止を経て、2008年には本格的に活動を再開。今回U-NEXTで独占配信するライブ『50TH ANNIVERSARY PREMIUM LIVE LAST DANCE 2017』は、17年10月に4日間にわたって開催されたライブツアーのファイナル、大阪・なんばHatchでの熱いステージが収録されています。また、メイキング・ドキュメンタリーの『Making of LAST DANCE』は、CDアルバム『LAST DANCE』の舞台裏を収録した本邦初解禁映像です。リラックスした和やかなショーケンから、歌に魂を込める渋いショーケンまで、歌手・萩原健一の真の姿が映し出されています。

その破天荒な生き様ゆえ、亡くなってからもファンに愛され続けているショーケン。彼の生き様が詰まった映像を、ぜひU-NEXTでお楽しみください。
 
 
<配信作品情報>

【初配信】KENICHI HAGIWARA 50TH ANNIVERSARY PREMIUM LIVE LAST DANCE 2017
◆12月27日(金)13時配信開始
俳優、そして歌手として激動の人生を駆け抜けた萩原健一の50周年記念ライブ。ショーケンこと萩原健一の生きざまがむき出しのライブ。演技力同様、歌の表現力でも唯一無二の個性を放つカリスマ的ロックシンガーとしての彼の集大成がここに。
【セットリスト】「Shoken Train」、「ぐでんぐでん」、「PM10時すぎ逢いたくて… (DON'T YOU KNOW)」、「ラストダンスは私に」、「ホワイト&ブルー」、「大阪で生まれた女」、「エメラルドの伝説」、「ハロー・マイ・ジェラシー」「Sha La La」ほか。

【初解禁】萩原健一「Making of LAST DANCE」
◆12月27日(金)13時配信開始
2017年10月に発売されたアルバム「Last Dance」の貴重なレコーディング映像。バックバンドとのやり取りなど普段見られないショーケンの姿が映し出される、ファン必見のお宝映像。
【収録内容】「PM10時すぎ逢いたくて...(DON'T YOU KNOW)」、「ぐでんぐでん」、「ホワイト&ブルー」、「泣くだけ泣いたら」、「どうしようもないよ」、「大阪で生まれた女」

 

 

「萩原健一」とは
 
1967年●16歳でグループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルでデビュー。
    「神様お願い!」「エメラルドの伝説」がヒット。
1970年●解散。井上堯之、大野克夫、沢田研二(ジュリー)、岸部一徳らと「PYG」を結成。
1975年●初のソロアルバム発表。ロックシンガーとして活動開始。
1979年●柳ジョージ&レイニーウッドがバックを担当したライブアルバム「熱狂雷舞」でロックシンガーとして人気を確立。「大阪で生まれた女」をリリース。
1987年●「愚か者よ」がヒット。
−−−その後、音楽音楽活動を休止−−−
2010年●東京・大阪で約7年ぶりのライブツアー。
2017年●本格的に音楽活動再開。音楽活動50周年記念アルバム「LAST DANCE」をリリース。
 
 
©2017 IVY Records